アメリカの製薬会社ファイザーが開発した新型コロナウイルス🦠ワクチン「コミナティ」は1瓶から6回分の接種ができるとしていましたが、厚生労働省は現在、国内で用意されている注射器では5回分しかできないことを明らかにしました。

「コミナティ」は1瓶0.35ml入っており、1.8 mlの生理食塩水を加えて2.25 mlにします。各患者に与える注射量💉は0.3mlですので、計算上7回の投与が可能です。

しかし国内で一般的に流通している注射器💉だと、外筒の先端が突起状になっており、液体を押し出しても突起の部分に液体が残ってします。

一方、特殊な注射器💉は押し込む部分(内筒)も突起状になっており、先端の部分に液体はほとんど残らないようになります。

よって、特殊な注射器💉を使用すれば、1瓶から6回分の接種が可能となりますが、現在、国内で用意されている注射器💉では5回分となります。

また、インスリン用の注射器💉を使用すれば7回採取できるとも言われています。

しかし何故このようなことが起こってしまったのでしょうか?🤔