ファイザー製は2回目までと同量、モデルナ製は半量とした、ブースター(3回目)接種の副反応についての報告がありました。

米食品医薬品局(FDA)や米疾病対策センター(CDC)によると、ファイザー製でもモデルナ製でも、いずれもモデルナ製の方が頻度が高いという結果でした。

副反応の頻度はファイザー製とモデルナ製はそれぞれ、接種部位の痛みは50%と70%、疲労感は30%と60%、筋肉痛や頭痛は20%と50%でした。

また、ファイザー製は、局所反応も全身反応も2回目より3回目の方が頻度が低かったでしたが、モデルナ製は、局所反応は3回目の方が頻度が高く、全身反応は3回目の方が頻度が低いという結果でした。

これらの知見は、モデルナ製は半量にしても、まだ容量が多いことを指しているのかもしれません。

一方、わきの下のリンパ節の腫れは、ファイザー製は2回目0.4%、3回目5.2%、モデルナ製は2回目14%、3回目20%となり、いずれのワクチンも頻度が高くなっていました。

これらは、mRNAワクチンの免疫反応のメカニズムを深掘りできる興味深い知見です🤔。