新型コロナウイルスワクチンの4回目の接種が始まりました。

4回目接種の対象は、60歳以上の高齢者や基礎疾患のある18歳以上の成人となりました。

大阪県知事や愛知県知事などから、4回目接種の対象は、「医療従事者」も含むべきだとの意見もあり、追加される可能性もあるとして見守っていましたが、現時点では「医療従事者」は対象になっていません。

オミクロン株に対して、若い医療従事者への4回目のワクチン接種の感染予防効果と発症予防効果は、ファイザー製は30%と43%、モデルナ製は11%と31%であり、わずかな利益しか得られない可能性があると指摘されたことが、「医療従事者」が対象から外れた主な理由です。

ふかつクリニックでは、昨年の12月末から本年1月までは、当院のスタッフやスタッフの家族の3回目の接種が行われました。

6月は、60歳以上の当院スタッフやスタッフ家族の4回目接種の時期になりますが、4回目接種を受けたのは、現時点では当院非常勤の小牧市民病院皮膚科元部長の先生と放射線科元部長の先生2人です。

60歳の当院スタッフの家族の方は、周りの状況を見て、4回目ワクチンのタイミングを見計っているようです🤔。